第4回道コン速報

道コンのホームページで第4回の速報が発表されました。

11月は、12月の学年末試験まで、日程的に子ども達に余裕があったため、十勝管内では、第3回の115名から、325名に参加者が増えました。前回が全道平均249点で十勝平均247点と全道に近い平均点でしたが、今回は全道平均261点で十勝平均243点と18点低い点数となっているようです。

 8月や1月の道コンとは違い、十勝管内最大手の学習塾が参加しない道コンでしたが、十勝の平均点が全道を下回ってしまうのは残念なことです。

 帯広市内や十勝管内で学習塾を選ぶ際には、学校の定期テストの個人的な成績upの広報よりも、どれくらいの生徒が道コンに参加し、塾内の平均偏差値がどれくらいとれているかを参考にする視点があっていいと思います。受験指導への本気度がこれによってわかるはずです。

定期テストでの100点以上のupなどは、学校では日常茶飯事のことです。短期間の暗記でも点数が上がります。たまたま点数が取りやすい定期テストもあります。もっとも、学校の先生方の授業あっての定期テストでの高得点です。学習塾は塾ならではの、模試や入試の結果で、指導力を示すべきではないでしょうか?  

今回の道コンでは、当塾は19名が受験し、平均点が390点となり、偏差値が62.8でした。前回とは違い、過去問等で対策を行った効果があったようです。理科や数学の読解力や思考力が必要な問題に、私の想像以上に対応できていて、逞しさを感じました。英語の関係代名詞、数学の相似、社会の経済など、難しい単元を新しく学びながらの受験勉強、本当にご苦労様です。

上部へスクロール